オリジナル園芸資材販売|株式会社RIRAI 株式会社RIRAIは、園芸に必要なオリジナル資材の企画・開発から販売までを行う、園芸資材メーカーです。トマトなどの誘引に新設計の誘引クリップなら、軽い力で扱う事が出来て、ずれ落ちにくいので、女性や年配者の方にもおすすめ。軽量で苗に負担が少ない安価な接ぎ木チューブも開発し取り扱っております。

家庭菜園 誘引 簡単に手軽に使える! いりこさん

弊社の誘引クリップを「いりこさん」に家庭菜園でモニターして貰いました。2019/02/26

下記、レポートの引用です。

簡単に手軽に使える! 

ズレ落ちにくい「誘引クリップ」をお試しさせていただきました。

トマトやきゅうり、ピーマン、なす、メロンなどを育てる際の誘引に使用できるクリップです。
農業や家庭菜園をしている人の負担を減らすために、とつくられたものです。
実際に生産している人の声をもとに開発されているとのことなので、使い勝手としては非常に期待できる商品なのではないかなと思いました♪

そもそも誘引とは何か、というと、ツルや茎を支柱に結び付けて、育っていく方向や見た目のバランスなどを調節すること。
昔家で野菜を育てていたとき、確かに人が手を加えてあげないと、どんどんあらぬ方向へツルが伸びていっていたなぁと思い出しました。

こちらの誘引クリップは、おまけ機能として紐をひっかけることが出来るようになっているんだそう。
しかしその機能を使わなくても十分なくらい、しっかりとズリ落ちることなく固定できるそうですよ。

正直今までこういった道具を使用したことがないので、他のものと比べてどれくらい使いやすいのか、というのはわからないのですが、確かにバネは非常にしっかりしていて、きちんと固定してくれます。
少し重さをかけてみても、ほとんど動くこともありませんでした。
クリップ形になっていて、洗濯ばさみのようにパチッと挟むだけなので、使い方も非常に簡単です。
それでいて、バネを開くときは、思ったよりも軽い力で大丈夫なので、使用時の負担やストレスは感じませんでした。
お年寄りや子どもでも、簡単に使えるというのが良いなと思いました(*´ω`*)

趣味で野菜を作るにしろ、仕事で野菜を作るにしろ、しんどい部分はこういった道具に頼って、少しでも楽に・楽しく作ることが出来たら良いんじゃないかなと思いました♪

◎最後までお読みいただき、ありがとうございました!◎

 

誘引クリップ誘引クリップ誘引クリップ誘引クリップRIRAI トマト定植後-1誘引クリップ

アース50 穴あけ定植 穴あけ定植 穴あけ

接ぎ木クリップ

BASE販売サイト 

  https://rirai.base.shop/

 

ヤフーショッピング販売サイト

 https://store.shopping.yahoo.co.jp/rirai/ 

 

Amazon販売サイト

 https://www.amazon.co.jp/dp/B082QM3ZJM?ref=myi_title_dp&th=1

関連記事

オリジナル園芸資材|株式会社RIRAI

オリジナル園芸資材販売|株式会社RIRAI

株式会社RIRAIは、園芸資材のオリジナル資材の企画から販売までを行うメーカーです。
「接ぎ木クリップ」は、ホルダーの上下から茎を簡単に挿入出来て、茎を傷つけにくい仕様であり格安・安価です。
材質は柔軟性と弾力性のあるEVA樹脂なので、つまんだ部分を離すと挿入口が元の形にしっかり戻ります。
トマトなど果実の誘引に「誘引クリップ結」なら、軽い力で扱う事が出来て手が疲れにくいので女性や年配者の方にもおすすめで、軽い力で扱えるのにズレ落ちにくい仕様です。紫外線劣化に強いプラ材質とステンレス製のバネを使用した商品で長持ちします。

屋号 株式会社RIRAI
住所 〒370-0603
群馬県邑楽郡邑楽町中野2839-34
電話番号 090-3537-9300
お電話に出れなかった際は、必ず折り返し電話させて頂きます。
営業時間 8:30~18:00
定休日:土日祝日・年末年始
代表者名 小倉丈治
E-mail info@rirai.net

コメントは受け付けていません。

オリジナル園芸資材販売|株式会社RIRAI 株式会社RIRAIは、園芸に必要なオリジナル資材の企画・開発から販売までを行う、園芸資材メーカーです。トマトなどの誘引に新設計の誘引クリップなら、軽い力で扱う事が出来て、ずれ落ちにくいので、女性や年配者の方にもおすすめ。軽量で苗に負担が少ない安価な接ぎ木チューブも開発し取り扱っております。

〒370-0603
群馬県邑楽郡邑楽町中野2839-34

株式会社RIRAI(リライ)

090-3537-9300 (担当:小倉)

8:30~18:00
定休日:土日祝日

MAPを見る
[instagram-feed]